育毛剤は自分にあうものを選ぼう

育毛剤は自分にあうものを選ぼう

40代以降になると使いはじめることが多いのが育毛剤ですが、どんな育毛剤でも同じだと思ってよく考えずに選ぶのはあまり感心できません。

 

なぜなら、育毛剤といっても様々な種類があり、それぞれに効果も異なるものだからです。

 

また、男性用と、女性用、または男女どちらでも使えるタイプの育毛剤などがありますから、そのへんも正しいものを選ぶようにしてください。

 

育毛剤 効き目 http://www.freeport-il-econ-dev.com/

 

まず、育毛剤を使う前に、自分の薄毛の原因はなにかということを考えることが大切です。

 

それによって、自分に必要になる自分にぴったりな育毛剤が変わってくるからです。

 

たとえば体が冷え性とかで、手足が冷たく血行が悪いという人ならば、当然頭皮の血行も人よりも悪い場合が多いですから、そんな方におすすめしたいのが、血行促進効果のある成分入りの育毛剤です。

 

 

 

そのような育毛剤を使うことで、冷え性による影響をだいぶ緩和することができ、しっかり頭皮に栄養を届けることができるようになります。

 

頭皮に栄養がいけば、もちろん抜け毛も減りますし、髪の毛の成長も助けてくれますから、育毛がうまくいくようになります。

 

また、育毛剤は効果のある成分だけで選ばず、害のある成分があまり入っていないものを選ぶことも大切です。

現在の育毛剤のトレンド

 

以前の育毛剤といえば、男性ホルモンの抑制など薄毛の原因に直接アプローチするものが多かったのですが、男性ホルモンは個人の体質により分泌量の差が大きく、有効な薬をなかなか生み出せずにいました。

 

そこで、最近は頭皮の健康を守り、毛根を活性化させて育毛を促すという方面に力が注がれています。

 

 

 

頭皮の健康を保つためには、頭皮を清潔にするということが不可欠なので、現在では育毛剤を配合したシャンプーが多く発売されています。

 

育毛剤についても頭皮への影響を考えて、化学製品ではなく漢方の生薬などを配合したものが好まれています。

 

生薬には育毛に良いとされるニンジンやセンブリなどが用いられ、ほかにも頭皮の炎症を抑える成分や毛根に栄養を与える成分が配合されています。

 

漢方においては、常時健康のために使用して良いものと病中のみしか使用してはならないものがあります。

 

 

 

育毛シャンプーは毎日使用するものであるため、毎日使用しても問題の起きない種類と量の生薬が配合されています。

 

これによって毎日頭皮と頭髪のケアを行いながら健康を促進し、自然な発毛と育毛を促すというのが現在のトレンドだといえるでしょう。

 

同時に育毛サプリメントなども利用するとより一層の効果を期待できるでしょう。

昔馴染みのメーカーの育毛剤

 

髪が大分若い頃より細くなってきたので育毛剤を使う事にしました。

 

初めてでどう選んでいいのか分からなかったので、ネットから育毛剤と検索してみて、片っ端からいろんなものを見てみました。

 

 

 

全部を見て回っているとほんと有名メーカーからその他まで、数が多くてその市場規模って大きいんだなと感じました。

 

女性が使って大丈夫なものを中心としてみていたんですが、私が申し込んだのは昔から馴染みのあるメーカーの物です。

 

しかも、最初に購入する際にお試しサイズの格安のものが試せるというので選んでみました。

 

やっぱりこういう時も普段の節約精神が出てしまうんです。

 

 

 

でもその育毛剤、ずっと生薬を研究して取り扱っているメーカーなので、なんだか効果がありそうです。

 

病院の処方箋なんかで出される漢方薬なんかも取り扱っているので、良いのではないかと。

 

髪が生えてくる毛根にその生薬が効いて、発毛のための3つのたんぱく質を増加してくれるというメカニズムを増進してくれるというし、しかもそれは世界初の事らしいです。

 

申し込んだら、お試し用のミニボトルに入った育毛剤が送られて来るらしいですが、約2週間使えるみたいなので、育毛剤の匂いや使い心地なんかを試すにはいいのではないかと思いました。